心地よさとリラックス感もたらしてくれたオーラソーマのボトルたち。

ボトルたちに会いたくて、セッションの予約をいつもしていました^^

だからボトルを使い終わるのが楽しみで

そして、どのボトルを連れて帰れるのかしら〜とワクワクしてました♪

ボトルの名前、ボトルワーク後の変化には

まったく興味がなくて

セッションを受けた翌日、会社へいって先輩に

「こんなボトル選んだんですよ〜」といっては、いろいろと教えていただいたいました。

オーラソーマを学んで見たい

自分で調べようとは、その頃おもっていなかったんですね〜(笑)

何回か、オーラソーマのセッションを受けるうちに、

だんだんと体の感覚が楽になって

気持ちへと向くようになり

自分のことが、ちょっとずつわかってくるようになりました。

ボトルとワークしながら、

自分に必要な色を取り入れていくにつれて、

たまねぎの皮のようなわたしのフィルターが

剥がれていきました。

そして、自分の感覚が敏感であることをしったんですね。

自分の部屋のドアを開けると、オーディオがついたり、

電気がしばしばチカチカしたり、すぐに切れちゃうのは

それが原因の一つだったみたいなんですね〜

それまで、室内の電気系統の設計ミスで起こるんだとばかりおもっていた私。

わたしがセッションを受けていたティーチャーは、

エネルギーワークが得意分野だったために、

ケアの仕方やエネルギーのことについて学んだのはこの頃からです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です